IR情報

株主様や個人投資家様向けにレッグスをより良く知ってもらえるインフォメーションです。

事業説明

私たちレッグスのビジネスは、企業のマーケティング活動のお手伝いです。

私たちは、「もはや広告で伝えるだけではブランドは創れない」という基本認識に立脚し、様々な具体的な《ブランド経験》の浸透による、クライアント企業の《ブランド価値の向上》と《モノが売れ続けるための仕組みづくり》に貢献することが私たちレッグスのミッションです。

特に『店頭における売れる仕組みづくり』ーこれが私たちレッグスの事業領域です。

事業説明
A
B
C
D

A.キャンペーン企画

店頭に並ぶ様々な商品。こういった商品をつくるメーカーさんは、自社商品の良さを消費者のみなさんにきちんと伝え、みなさんの手にとって買ってもらえるように、店頭で様々な販売促進活動をしています。コンビニ、スーパーの店頭で見かける「〇〇を買って〇〇を当てようキャンペーン」等もそのひとつ。レッグスはそういった店頭でのキャンペーンの企画をメーカーさんにご提案し実施のサポートをする、店頭での販売促進のお手伝いをする会社です。

B.POP・VMD

メーカーさんの販売促進活動の中で、最近特に重要視されてきているのが店頭でのコミュニケーション。レッグスは、商品の価値を最大限に伝えるPOP・VMDを企画・制作しています。

※POPとは「POINT OF PURCHASE」の頭文字を取った略語で、購買時点と呼ばれる店頭での販売促進のために設置された様々なツール類のこと。

※VMDとは「VISUAL MERCHANDISING」の頭文字を取った略語で、店頭広告のために最適な視覚的表現を考えて作られた什器、商品展示台等の様々なツール類のこと。

C.プレミアムグッズ・ノベルティ

レッグスの原点でありコアビジネスである、プレミアムグッズとは、「〜を買うと○○がついてくる。」や、「シールを三枚集めて○○をもらおう。」といったキャンペーン賞品のことです。レッグスは、プレミアムグッズ=「マーケティング活動の重要なツール」=「ブランド価値を向上させるもの」と捉え、ブランドビルディングという視点まで考えたプレミアムグッズの企画・製作をしています。

D.データベースマーケティング

データベースマーケティングとは、顧客の属性や過去の購買傾向をデータベースに記録して区分し、それぞれの顧客に合ったサービスを提供するマーケティング手法のこと。広告によるマスマーケティングに限界見えつつある今、データベースマーケティングの重要性が今後ますます高まってくると思われます。